家づくりを成功させたい!マイホームの満足度アップにつながる情報を紹介します

このサイトでは満足できる家を建てたいと考える人のために、家づくりで成功する情報や知識を紹介します。
とは言えどういった点に重きを置けば良いのか悩むこともあるでしょう。
まずは家族構成やライフスタイルに合う間取りを考えなければなりません。
大切な間取り作りから、抑えるべき観点について解説します。
そして無事に家が完成するまでのスケジュールもしっかり把握しておきます。
これらの情報を知ることで、失敗しない素敵な家が実現するはずです。

家づくりを成功させたい!マイホームの満足度アップにつながる情報を紹介します

理想的なマイホームを完成させるためには、どのような家にしたいのか具体的なテイストを明確にすることが必要です。
北欧住宅風や開放的な平屋、バリアフリーの行き届いた家やスタイリッシュなデザインハウスなど、スタイルはさまざまです。
テイストが決まれば、業者にも希望を説明しやすいです。
ブレない家づくりができるので、失敗することも少ないでしょう。
家族で話し合い、テイストを絞って家づくりを順調に進めたいものです。

家づくりの費用を項目ごとにチェック

家づくりにはさまざまな費用がかかりますが、項目ごとにおおよその目安を紹介します。
建物本体工事費が約7割を占め、付帯・別途工事費が2割、諸費用が1割ほどになります。
付帯工事というのはエクステリアや地盤改良など、建物以外にかかるものです、諸費は登記費や建築確認申請料など事務的なものや、印紙税や登録免許税といった税金などを指します。
家づくりにかかるお金が全体で4000万円だとすると本体は2800万円、付帯費は800万円で、残りの約400万円がその他の出費となります。
登録免許税や印紙代、不動産取得税は土地・建物の評価額や契約金額によって変わり、そのほかにも司法書士に登記を依頼するなら司法書士への報酬も発生します。
建築申請や床面積に応じて決まりますが、8万円程度で、水道市納付金は自治体ごとに変わりますが5万円から20万円くらいでしょう。
住宅ローンを組む人が多いものですが、ローンの手数料は3万円~が目安で、保証料は1000万円あたり10万円から20万円ほどで、このほかにつなぎ融資の手数料も10万円~みておきます。
これらの料金も金融機関ごとに違うので、事前に確認して準備を進めましょう。

家づくりの資金調達に利用できるローン

家づくりの資金調達で利用出来るローンと言えば住宅用のがありますが、これは完成した住宅を売主から買主へ引き渡されるときに融資が実効されるので、それ以外にかかる費用は自分で用意しなければなりません。
資金が用意出来ない場合に利用できるのがつなぎ融資で、これは建築する住宅を購入するときに完成し住宅ローンが実効されるまでの間に必要となる資金を一時的に融資出来るもので、土地取得・建物建築に限定されるなど制限があります。
住宅用の審査が完了して、金融機関から完成後の融資の内諾を得ていることも必要です。
家づくりでは着工金・上棟金・土地の売買代金が別にかかりますが、これらを立て替えるのがつなぎ融資です。
工事費の支払い方法・時期は、ハウスメーカーや工務店と結ぶ請負契約書へ定められていることが一般的です。
返済には主に2つあり、利息だけ毎月返済して元金は後で返済する、猛威一つは利息と元金を一括で返済するタイプです。
これも工務店などと相談して決めるので、どちらの支払い方法になるからその時の状況で違います。

家づくりに必要な土地探しの進め方

家づくりの土台になる土地は計画的に見つけ出す必要があります。
なぜなら、その後に続く建物づくりに大きな影響を与えるからです。
土地探しの前段階として、どんな地域に住みたいのかと予算をある程度明確にしておきましょう。
地域については現在居住しているエリアから近い場所なのか、あるいは遠くても問題がないのかを決めるとともに通勤や通学を優先するのか、郊外で伸び伸び暮らすことを優先するのかを決めると効果的です。
予算は家づくりの資金のうち、土地分にどれくらい重要できるのかを検討しましょう。
この予算の検討を怠ってしまうと、建物の建築費用に悪影響を及ぼす可能性が高まります。
これらの情報を基に、不動産会社と一緒に土地探しを行うのが基本的な進め方になります。
探す際に陥りやすいワナは、建物作りに目が行き過ぎて土地は不動産会社任せになってしまう点です。
用途地域や建蔽率・容積率、高さ制限、地質などを細かく確認し、理想の家づくりの実現を妨げないか十分に検討しなければなりません。
不動産会社のアドバイスは受けるにしても、それを鵜呑みにすることは回避すべきです。
同時に周辺環境や日当たり・風通し、なども直に見てチェックすることも心掛けたいところです。

家づくりをハウスメーカーに依頼する方法

家づくりを行うには、ハウスメーカーに依頼する、工務店に依頼する、または建築事務所を利用するなど、一口に家づくりといっても方法はさまざまにあります。
その中の一つであるハウスメーカーを利用する場合は、住宅展示会に訪れるのが一番の近道でしょう。
住宅展示会は、コロナ禍になってからはバーチャルで行える展示会から、実際に住宅へ足を運んで見学できるもの、はたまた、単に見学するだけではなく住み心地を試すことができ、一泊二日で寝泊まりできるような体験型までさまざまあります。
そうしてほとんどのメーカーではインターネットから申し込むことが可能なため、おすすめです。
しかしながら、体験型の場合は人気が高く、早期終了してしまうことが多いため、申し込み開始日をこまめにチェックして、期限内でも早めに申し込むのがおすすめです。
見学会に行けば営業からさまざまな話が聞けるだけではなく、実際に家を建てたらどのようになるのかが分かるのでぜひ参考にされてください。

著者:中平喜代美

筆者プロフィール

北海道小樽市生まれ。
満足度の高い家づくりのために、間取りや土地探しの進め方について勉強中です。
暮らしを満喫できる家づくり